クレードル興農株式会社とホワイトアスパラガスの歴史

 

(1)太平洋戦争前

当社の創業の地である喜茂別町におけるホワイトアスパラガスの栽培は、昭和4年(1929年)に結成された喜茂別アスパラガス耕作組合と、大正13年(1924年)に設立され既にホワイトアスパラガス缶詰の生産を行っていた岩内町の日本アスパラガス鰍ニの間で、4haの栽培契約を結んだことに端を発しております。

その後、栽培面積は順次増加し、昭和9年には同地域で10haの栽培が行われるまでになりました。当時、日本アスパラガス鰍ニの間で毎年のように原料規格をめぐるトラブル(実質的な価格の切り下げ)が起こり当時の新聞紙上でも取り上げられる状況でした。このころ同地域に工場を建設し新たに参入した在京資本による朝日アスパラガス缶詰(昭和7年設立)、小樽市極東缶詰葛yび日本アスパラガス鰍フ3社による原料の集荷合戦が行われ、耕作者もこの3系統に分裂する状況に至たりました。

しかしながら、これら3社の専横に対する農民の不安は頂点に達し、この頃から、「農民のための、農民の手による工場を作る」という考え方が、耕作者の間で考えられるようになり、昭和14年、農民自ら喜茂別産業組合のもと缶詰工場を建設しクレードルブランドアスパラガス缶詰の製造を開始するに至りました。この年、同地域のホワイトアスパラ原料は472.5tで、これは北海道全体の出廻わり量1,200tの約4割に達します。

このような状況下で、同地区で操業を続けていた朝日アスパラガス缶詰鰍ヘ、喜茂別産業組合がこれまでの原料価格のほぼ2割高で購入していたため、朝日アスパラガス缶詰鰍ノ対する同地域耕作者からのホワイトアスパラ原料供給が途絶し、同地域外のホワイトアスパラ原料を確保し操業継続を行わなければいけない状況に追い込まれました。このため、昭和15年には経営を喜茂別産業組合にゆだねることとなりました。

以上の経過を踏まえ、当社の創業は、朝日アスパラガス鰍フ創立された昭和7年とされております。その後、戦時体制下にあってアスパラガスは不要不急作物としてその圃場の多くは廃耕となり、工場は昭和17年、企業統合命令により北海道産業組合連合会へ譲渡統合され、間もなく海軍及び陸軍の指定工場となり、赤飯な麺、米飯缶詰、乾燥野菜、乾燥味噌、ブドウ糖などの製造が行われました。

 

(2)終戦後の状況                                                             

戦後は、北海道農業会喜茂別工場として出発しますが、昭和23年5月の喜茂別大火により第一工場(旧きもべつ産業組合工場)、第二工場(旧朝日アスパラガス缶詰工場)ともに焼失、これによってすべての製造施設が灰となってしまいました。しかしながら関係者の懸命の努力によって、喜茂別農協はじめ羊蹄山麓6農協の出資をあおぎ、翌月には、北海道農村工業協同株式会社を設立しました。アスパラガス原料栽培が復活しつつあったこともあり、この年早くも原料76tを集荷しホワイトアスパラガス缶詰の生産を行っております。

その後、戦後の経済復興にともない序々に拡大した市場の需要に対応し、アスパラガスの耕作面積も全道的な広がりを見せ、地域の熱心な工場誘致運動もあり、伊達工場(昭和25年)、三川工場(同34年)、乙部工場(同35年)、留寿都工場(同36年)、今金工場(同37年)、七飯工場(同41年)等と順次工場を新設し、集荷原料も昭和42年には当社の集荷原料としてのピークである、3,852tに達し、原料産地も33市町村、購入窓口である農協も36農協に及び当社製造工場も9工場となりました。

昭和42年当時の集荷ホワイトアスパラ原料は今日の当社製造における中心缶型である250g缶48入に換算すると約30万ケースに相当します。この年のホワイトアスパラガス缶詰の売上は約11億円にも達しました。またこれらホワイトアスパラガス缶詰の輸出も行われ、ピーク時にはその数量10万ケースまでに及びました。

この当時、北海道全体の製造工場は、15社28工場に及び、出廻り原料も、10,000tを優に超える水準に達しております。この間、昭和32年には創立25周年を機に当社の社名を現在の「クレードル興農株式会社」に変更しております。


 

(3)倒産

昭和43年6月、融通手形の乱発事件、豪州産牛肉の投機失敗、結果的に採算性を度外視した無理な工場建設など、積年の不祥事と無理な運営が累積した結果、会社更生法の申請に至り、関係農協、自治体、大ロ債権者、金融機関等の努力と、主力製品であるアスパラガス原料の栽培契約地域が広範囲に及んだこと、又、アスパラガス原料は永年作物であることが考慮され、昭和44年3月、札幌地裁により、更生会社として認可決定されました。

更生決定時点の状況は、資本金1億3,180万円(後に減増資して3億9,630万円)、累積赤字は11億6,116万円、更生債務17億5,388万円となっていました。

アスパラガス原料については、当社の会社更生法適用申請により、耕作者の動揺もあり、当社の原料地盤は他社の草刈場の様相を呈したため、このことが原料価格の高騰を招き、原料価格の値上げを製品価格に転嫁するというサイクルが定着し、原料対策に大変なエネルギーを要することとなりました。

 更生初年度の昭和44年の集荷原料は、2,703t(ピーク時の70%)、製品の売上高は約11億円となりました。この後、毎年のように原料価格の値上げ、製品価格の引き上げが行われましたが、幸いなことに日本経済の高度成長期にぶつかり、製品市場の抵抗はあったものの、旺盛な消費に支えられ、昭和55年頃までは、事業としてほぼ順調に推移いたしました。この間、集荷原料は昭和48年の2,881tをピークに、概ね2,500〜2,600tの水準で推移し、売上高は、製品価格の値上げが続いた結果、昭和55年には18.6億円(実函で213,000c/s)を記録しております。この年の標準缶型250g缶の標準小売価格は、340円/缶で、更生初年度の2倍以上の価格でした。

 北海道全体では昭和40年代中ごろより、物流の進歩もあって、グリーンアスパラガスが青果市場で受け入れられはじめ、グリーンアスパラガス栽培が序々に盛んになりました。

収穫作業がホワイトアスパラガスに比較して格段に容易なことから、昭和50年代初期から栽培面積も飛躍的に拡大、また収穫時にホワイトからグリーンに転換する耕作者も増加し、昭和53年には13,800tあったホワイトアスパラガスの収穫量が昭和58年で、グリーン7,800t、ホワイト6,200tと出廻り量が逆転し、ホワイトアスパラガスの収穫量は以後、急激に減少して行くこととなります。

このようなホワイトアスパラガス原料減少の理由として、高度経済成長と裏腹に進行した栽培地域の過疎化及び農業就労者の減少、農業労働の機械への依存度の高まり、経験豊富な人手に頼る収穫作業が嫌われたこと、更に昭和50年代に入ってグリーンアスパラガスの圃場が起点と見られる斑点病、茎枯れ病などの疫病が、ホワイトアスパラガスの圃場にも蔓延するようになり、有効な防除対策も確立出来ないまま、アスパラガスの根が消失したり、収量が極端に低下したりしたことが原因と思われます。

消費市場においてもプラザ合意以降の急速な円高の進行とともに価格の安い中国産を主とした輸入物におされるところとなりました。しかしながら国産の原料を確保するためには高い原料価格を出さなければならず、一方で生産しても輸入品との競合関係から、高価格の国産ホワイトアスパラガス缶詰の消化がうまく行かないという難しい展開となりました。

この間、更生会社初年度から6工場体制でホワイトアスパラガス缶詰の生産を行って来ましたが、昭和52年に七飯工場を飲料缶生産工場に転換したので、以後、5工場での生産となりました。昭和47年から開始された札幌グランドホテルオリジナル製品の製造や七飯工場における昭和50年開始の缶コーヒーの生産事業なども功を奏し、昭和58年には累積赤字を一掃し、更生債務も昭和59年3月に最終弁済を終え、更生手続きを完了いたしました。



(4)現状

ホワイトアスパラガス集荷原料の激減により、5工場による生産体制も平成元年から4工場体制、更に3工場、2工場と見直しが続き、平成9年以降は三川工場のみの製造となっております。

この間、原料価格は更に値上がりし、昭和59年には原料価格もホワイト1級で、1kg当たり400円を突破し、この後平成5年には、1kg当たり525円に達しました。しかしながらこのように毎年のように価格を引上げて来たにもかかわらず、当社の集荷原料は昭和63年には1,000tを切り、700t弱となりました。平成に入って以後もこの減少は続き平成21年現在は139tまで落ち込んでいます。一方製品販売価格は高騰しており標準缶型250g缶の小売価格は、平成21年現在、百貨店等において630円/缶で販売されているところもあります。

平成11年までは生産及び販売は、かろうじて、縮小しつつも均衡を保った状況となっておりましたが、平成12年には製品の販売環境が激変し、生産の少ない中で、製品在庫に苦しむ事態となりました。平成13年から缶詰、パウチチルド製品、青果販売と販売製品を多様化し、平成15年にようやく生販の均衡を回復し、現在は製品生産数量、原料集荷量の減少により製品需要に応えられない状況となっております。

 現在、当社の契約しているホワイトアスパラガス栽培圃場は、栽培面積及び耕作者の減少が止まらない中で、三川工場の立地する三川地区を中心に、これまでの「メリーワシントン」に変わって新たに導入された「フルート」「HLA7」「GAS3014」の多収穫品種を当社が様々な奨励策を講じて、農家に栽培奨励した結果、維持しております。

近年、ヨーロッパにある青果としてのホワイトアスパラガスに係わる食文化がマスコミの注目するところとなり、新聞、テレビ等でそのおいしさ、調理方法の多様さなど、広く喧伝され、ユーパック等の通販、ネット販売やスーパーをはじめとする量販店等で販売されるようになり、既に極限にまで減少しているホワイトアスパラガス栽培圃場から、直接青果市場へ高値で流出する状況が続いております。この状況は当社のホワイトアスパラガス製品の生産販売事業にとって、現状では大きなマイナス要因となっており、今後の事業の継続の可否を左右するもと考えております。

  

(5)今後について

北海道におけるホワイトアスパラガス栽培は、北海道農業そのものが、年1作であり、また、3年に1回は冷害の影響を被るなどの条件の厳しい中にあって、定植初期こそまともな収入にならないものの、春先の現金収入が確保出来、収穫時期には培土中で成長させることから、低温の影響を受けにくい農作物として北海道全域に広まり、その殆どが缶詰の加工原料として消費されて来たものであります。しかしながら人手不足と栽培農家の老齢化が進む状況下で毎年、収穫開始後、約60日、1日の休みもなく1日、2回(往時は3回)の収穫作業を行わなければならない過酷さは、現在の農業環境にあっては、非常に困難なものとなっております。

 現在、ホワイトアスパラガス缶詰の生産が継続されているのは、北海道では当社、三川工場を含め3社3工場でその集荷原料180t余、生産函数で1.2〜1.3万ケースで、100万ケース以上の生産を行っていたころとは、比較するレベルではないですが、極小化した市場の中においても商品としては依然として希少価値をもつものであります。

 ホワイトアスパラガス缶詰は、当社の創業の原点であり、本製品があったからこそ、当社が市場から一定の評価を受け、過去の倒産という状況の中から今日まで、事業を継続出来たことも一面の事実であります。

現在の当社の契約圃場面積は約40ha超ですが、現状の需給のアンバランスの是正には、10〜15ha程度の増反が必要とみられ、現在の圃場の更新も今後序々に必要となってくることもあり、また、青果市場への流出も考慮せざるを得ず、この時代の要請と共存し当社への影響を緩和するためにも、更なる増反努力が必要になってくると思われます。

このためには、若い農業後継者の理解を得、また地域農業にとっての当社の存在意義を高める努力も必要であり、いわば当社創業の理念を耕作者と共有出来るかが、今後大切になってくると考えます。現在の自己責任を前提とした競争社会は、農業においても例外ではなく、以前とは農民の意識も大きく変化してきている中、現在当社の行っているスイートコーン、南瓜、馬鈴薯などの事業も活かしながら、原料価格の見なおしも含め、地道な努力を重ねて行くことが必要であると考えております。

                                                                                                                以  上
戻る
    copyright (c) 2011 cradle kounou co.,LTd All rights reserved